読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師の仕事と家庭の両立

交代制の勤務、不規則な勤務時間、土日祭日の勤務など、看護師の仕事は激務な上に、プライベートな時間が思うようにとれないというハンディを背負って仕事をしております。

このため、結婚相手を見つけるのもままならず、たとえ結婚できたとしても、家事や出産、それに、育児と、次から次へと、仕事と家庭を両立させるための難題が待ち構えております。

どうしても、両立できないのであれば、一旦、仕事を辞めて、子供が成長してくれば現場に復帰するという途も残されていますが、日進月歩の医療技術の進歩のため、空白の期間が長ければ長くなるほど、ハンディは大きくなり、復帰をするにと大変な覚悟と努力が必要になります。

このため、このまま仕事を続け、なおかつ、家庭のこともしっかりとしたいと願うのであれば、なによりもまず、家族の理解と協力が必要でしょう。

また、看護師不足もあって、最近は、病院側でも、保育料の補助をしたり保育施設を併設したり、勤務時間を調整して働ける環境を整えたりと、色んな工夫を行っております。

さらには、「育児休業法」によって育児休暇が取りやすくなっておりますので、以前に比べれば、仕事と家庭の両立は容易になっております。

もし、現在の職場では両立が困難なのであれば、そのような施設や施策が整っている職場に転職するのも一つの解決法でしょう。

看護師転職は履歴書でアピールしょう!!