読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恐れ入りました!!!大横綱「稀勢の里」殿

まさか、まさかの大大どんでん返し、あれだけ左肩を痛めた稀勢の里が優勝するとは、お釈迦さまでも分からなかったのではないだろうか? 13日目に日馬富士に吹き飛ばされて土俵下に転げ落ち、左肩を抑えて悶絶する姿を見て、誰しも、「ああ、これは休場だな」…

稀勢の里の優勝と横綱昇進バンザイ

14日目、白鵬が貴ノ岩に敗れて、千秋楽を待たずして優勝が決まった時、稀勢の里の右目から流れた一筋の涙は、優勝の嬉しさと、入幕以来13年目にして「ようやく」と言う思いが錯綜したものだったろう。それは同時に、日本人横綱の誕生を待ち望んできた全て…

看護師の仕事と家庭の両立

交代制の勤務、不規則な勤務時間、土日祭日の勤務など、看護師の仕事は激務な上に、プライベートな時間が思うようにとれないというハンディを背負って仕事をしております。 このため、結婚相手を見つけるのもままならず、たとえ結婚できたとしても、家事や出…

男女の恋愛感情の違い

最初はどんなに激しい恋愛感情を持っていたとしても、時間が経ち、お互いを深く知るようになってくると、その恋愛感情も微妙に変化していきます。 「あばたもえくぼ」と言うように、付き合い始めたころは、全てが自分にとっては好ましく、愛の対象となってい…

戦後の切手収集ブームの思い出

昭和35年頃から、一大切手収集ブームが巻き起こりました。昭和35年と言えば戦後10年たっており、終戦直後の食料難の時代は過ぎ去り、世の中も落ち着きを取り戻し決して裕福ではありませんが、どの家も生活に多少のゆとりが出てきた時代でした。 そうした中で…

バイオ燃料とは

石油、石炭、天然ガスなど、人類が200年ほども前から使って来た化石燃料は、このままのペースで使い続けると、いつかは枯渇してしまいます。 また、化石燃料は燃焼すると二酸化炭素を排出して、これが、地球の温暖化の大きな原因になっていると言われており…

天佑神助か?大和君の生還

戦艦「大和」は、沖縄への出撃中に、米軍機の攻撃を受けて九州沖の海域で撃沈されてしまったが、同じ大和でも、北海道の田野岡「大和」君は、6日間を生き延びて生還した。 7歳の男の子が、5月28日夕、親に山中に置き去りされ、クマにも遭遇することなく、…

都知事の資格があるのか?舛添要一

公用車で週末別荘通いしていたのが問題になったと思ったら、何千万もの公費を使った海外への大名旅行、美術品や書籍、家族の日用品、家族旅行の宿泊代、自宅を事務所代わりに使って家賃を公費で落とす、さらには、政党交付金の詐称などなど、次から次へと疑…

不祥事を起こす議員 誰の責任?

絶叫県議、下着泥棒、口利き、不倫、人種差別国会議員など、本来は選良であるべき議員の不祥事が続発している。 その度に、与党の国会議員であれば、本人のみならず総理にまで責任が追及され、所属する政党はその対応に右往左往させられる。 しかし、ひとと…

高齢出産と少子化

某中学校の校長が、「女の子は、子供を2人以上産むのが義務だ」という趣旨の発言したことがマスコミを賑わしているが、正に、戦前の「産めよ増やせ」を彷彿とさせるものだ。確かに、この校長が言うように、少子化は国の将来を左右する一大事だから、その気持…

琴奨菊の優勝と内助の功

琴奨菊が、日本人力士としては10年ぶりに優勝した。過去5回もカド番を経験しているため、最初は誰も優勝するとは夢にも思っていなかっただろう。それが、取り組みが進むにつれ、優勝候補の一角に数えられていた稀勢の里が敗退し、鶴竜が負け、今場所もまた…

結婚相手に何を求める?

男性にしても女性にしても、付き合う異性を見つける時は、まず、相手の容姿を判断基準にします。 男性側からすれば、やはりスレンダー美人でセクシーな女性に引かれますし、女性側も、すらっと背が高く、イケメンに好意を抱きます。 こうした傾向をいわゆる…

水素自動車と電気自動車、どちらが良い?

イランとサウジの対立で、原油価格の低下が止まらない。ガソリンも、これまではレギュラーで140円代が普通だったが、今では、110円代にまで下がっている。 車を持っているものにとっては朗報であるが、その一方で、産油国などは投資した資金を回収するために…

便秘の症状

便秘とはつらいものですよね、なんとか出したいけど、なかなか出ない。なんとなくスッキリせず、いつもイライラ。この様に便秘に悩んでいる人は多く、特に、女性の場合はなんと約40%の人が便秘だと言われています。便秘は病気とまでは行かないまでも、便秘に…

KIROBOは宇宙に行って何をするの

KIROBOとは、国際宇宙ステーションに滞在する予定のロボット宇宙飛行士のことだ。このロボットは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力のもと、トヨタ自動車を含む4団体が進めてきた共同研究「KIBO ROBOT PROJECT」によって開発された小型のコミュニケーション…

乗り物酔いの予防法

遠足、修学旅行、社員旅行、家族旅行‥。楽しいはずのイベントも乗り物に酔う人にとっては憂鬱の種ですよね。乗り物酔いは三半規管からくるものなので三半規管が敏感な人は、どうしても酔ってしまいます。そんな人は、ただ心配しながら漫然とその日を迎えては…

歌は世につれ、世は歌につれ

年を取ってくると、青春時代に流行った流行歌よりも、中学校までの子供時代に、ラジオから流れていた流行歌の方を鮮明に覚えている。 デレビなどなく、娯楽と言えば貸本屋からマンガを借りて読むか、ラジオで歌謡曲や浪曲、漫才、鞍馬天狗や赤胴鈴之助など子…

脳卒中から身を守るには

高齢になってくると一番気を使わなければならないのは、脳の障害です。そのうち特に、脳卒中は日本人の死亡率の第3位を占めており、しかも、命が助かっても後遺症が残ることが多いので、残りの人生は大変な苦労を強いられます。 しかし、この脳卒中は自分で…

リバウンドを防止するには

断食ダイエットやファスティングダイエットなど急激に体重を落とすような方法を取ると、体は栄養失調のような状態になってしまっているため、余計にカロリーや栄養を要求する状態に陥ります。そうなれば、様々な養分を吸収しやすくなっているので、普段の食…

正しい洗顔の回数

肌の脂浮きやベタつきを気にして、一日に何度も洗顔をする方もいますが、洗顔はこまめにした方が肌にいいと思っていたら大きな間違いです。 人間の肌や髪には、皮脂腺から分泌される油脂状の成分があり、その脂分が肌や髪を乾燥から守り、潤いを与えておりま…

骨粗鬆症予防にはフルーツがお勧め

骨粗鬆症予防の鍵は、骨密度を高めることにつきます。その対策として、これまではカルシウムを含み消化・吸収がよいといわれている牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品やカルシウム豊富な食品を食べる事が推奨されていましたが、果物にも骨密度を高める作…

レーザー照射後の肌のお手入れ

レーザーを照射すると、レーザーのエネルギーは毛根のメラニンに吸収されて毛根が高温になり、毛の再生工場である幹細胞(毛根に接触している)を熱変性させて永久的に毛を生えてこなくするという理屈です。 しかしながら、現在、多くの医療機関では永久脱毛…

「すっぽん」とコラーゲン

ある日、鏡を見て「あれ?!」と気が付く、顔の「しわ」や「しみ」。20代の頃のようにプリプリした肌のハリやツヤがなくなってきた。こんな経験ありませんか。 実は30代を境として年齢を重ねるごとに、体内のコラーゲンはドンドン減少し、 40代に入る頃には…

合格祈願の天神様 大学入試センター試験が始まると、いよいよ受験シーズンが本格スタート。実力を出し切るための最後の一押しとして、合格祈願も忘れずにしたいところですね。 学問の神様といえば菅原道真ですよね。したがって、菅原道真=天神様が奉られて…

食べ物で頭は良くなる?!

年をとっていくにつれ、気になるのが「物忘れ」、「記憶力の減退」、「認知症」など頭の健康ではないでしょうか?そこで、健康な脳を保つためのおすすめの食べ物を紹介します。ベスト3を紹介します。 ■オメガ3脂肪酸 オメガ3脂肪酸は、サケ、サバ、イワシ、…