男女は恋愛に何を求める?

恋愛は若い世代だけでなく年配になっても、心ときめくもので、恋愛をすることは、人生の中でも非常に大切なことです。

恋愛は、時には苦しく、そして、時に至福の瞬間でもあります。好になった人に自分の気持ちを告白する前の緊張感、もうあの人には意中の人がいるのだろうと言う不安感、もし、告白を受け入れてもらえなかったらどうしょうと、思い悩む胸が締め付けられるような苦しさ。

そして、寝ても覚めても、意中の人のことばかり考えてしまい、なにも手が付かない、身も心も宙に浮いたような感じ。

こうした複雑な心境がない交ぜとなって生じる甘美で酸っぱい味は、恋愛特有のエクスタシーとなります。

悩みと苦しみを潜り抜けて、想いを告白はて受け入れられた時の至福の瞬間は、一生の思い出となることでしょう。

でも、恋愛をしている時に求めるものは、男女の間では少し違いがあります。

女性にとって恋愛は、想いが適った瞬間の感激ではなく、もっとスパンの長いものなのです。

女性は恋人と恋愛しているときに、求めるのは、なにより楽しいということです。激しい恋愛ばかりではなく、電話やメールによる愛の交換、ショッピングやレジャーなどのデート中に、いかに楽しい気分でいさせてくれるかを基準にして男性を選ぶのです。

すなわち、女性は男性の容姿よりもコミュニケーションや行動を通じて男性を好きになっていくのです。

このため、何の面白味もない人畜無害の男性よりも、ちょい悪の男性に惹かれるのです。そして、何よりも安心できるパートナーを選ぶのです。

これに対して男性は、女性の見た目を重要視するといわれております。たとえ、その女性の性格や女らしさという内面が、自分の好みに多少合わなくても、ルックスさえ好みにあえば、恋をしたり、愛したりすることができるのです。

ですから、男性は一度に何人もの女性を好きになりますし、短時間で恋愛感情を掻き立てられるのです。

ネット婚活でサクラに騙されないためには

斎場と火葬場

「斎場」とは、「神仏を祀るための祭祀・儀式を行う神聖な場所」という意味です。

昔は、人が亡くなると棺を自宅から村の外れの火葬場まで運び、そこで葬儀式を行った後、火葬していました。その場所を「斎場」と呼んでおりまた。

しかし、時代が下るにつれ、「告別式」を重視するようになってきたため、「葬儀式」と「告別式」を自宅や集会場などで行ってから、火葬場へ行くようになりました。

このため、火葬場=斎場とはならなくなったのですが、現在でも、多くの自治体が火葬場を斎場と称しています。

現在、斎場には火葬場が併設されているところと、火葬場と別になっているところがありますが、多くの公営の施設は、斎場と火葬場が併設されております。

同一施設の中で、葬式と火葬ができ、斎場と火葬場との間を移動する必要がないため便利ではあります。

公営の火葬場・斎場施設は、一行政区に一つある場合と、複数行政区で連携して一つ持っている場合があります。

東京では、公営の斎場に火葬場が併設されていなかったり、複数の区で共同運営している斎場があったり、23区内の民営火葬場には、斎場も併設されているなどのケースがあります。

葬儀社・葬祭業者の種類

「ものもらい」になったらどうする?

「ものもらい」になったら、大抵の人は、まず眼帯をして目を保護しようとします。

そもそも、眼帯は外部からの異物に対して目を守るために使用するものとされておりますから、これをすることにより、外からの雑菌の侵入を防いだり、清潔を保ったりするために効果がありそうです。

しかし、実は逆効果となってしまいがちなのです。人間が汗をかくと、同時に脂も排出されております。

眼帯をしていると、していないときと比べて湿気が多くなり、雑菌も増えやすくなってしまいます。

この結果、「ものもらい」が悪化したり、増殖した雑菌によって別の病気になってしまったりする可能性も考えられますので、「ものもらい」が悪化しないように眼帯をするのは誤った対応と言えます。

特に、子供に眼帯をさせるのはよくありません。片目を塞ぐ眼帯は、10歳ぐらいまでの成長期の子供には、視機能の発育の妨げになって、弱視を引き起こしてしまったりするリスクがあるからです。また、コンタクトレンズは、使用を避けるようにしましょう。

女性は、アイラインを控え、メイクをしっかり落とすようにしましょう。入浴時に40度前後の湯船に浸かって、まぶた周辺を温めるのもお勧めです。

「茶くま」の原因とケア

老後の生活不安にどう備える?

日本人の平均寿命は、どんどん長くなっております。

 

昔は、どんなに元気な人でも70歳を迎えると体が弱り、腰が曲がっていかにも爺さん、婆さんという感じでしたが、いまでは、70歳どころか、80歳になってもカンクシャクとして活躍している人が多くいます。寿命も100歳を超えて元気な人がいても、それほど、珍しくなくなりました。


そうは言っても、年をとれば身体が弱り、場合によっては入院や介護が必要な人も出てきます。


また、少子高齢化に伴い、社会保障費が年々増えている現状では、昔のように、定年退職後は、退職金と年金で悠悠自適な生活を送ることも難しくなっております。


国民健康保険料や介護保険料は上がり、年金の支給額の減額や年金受給年齢の引き上げ、その一方で、消費税の引き上げ等々、若い世代だけでなく、高齢者を取り囲む経済環境は厳しくなる一方です。


一般的には、老夫婦が日常生活を普通に送るためにひつようなお金は、平均23.2万円といわれております。しかし、これは飽くまでも生活費のみの話です。ゆとりある生活をするために必要な額は、38.3万円だそうです。


夫婦で、妻は専業主婦であった場合、年金給付額は、月額23.3万円だそうですから、あと15万円ほどの上乗せが必要となります。


老後の生活に必要なのは、こうした生活費だけではありません。ケガや病気で入院した際の費用、万一の際に取り残された家族の生活、介護が必要になった時の費用など、不安要因は数多く存在します。


こうした不安を少しでも解消するためにも、現役時代から、長生き時代にふさわしいマネープランが必要になってくるのです。まさに、先憂後楽なのです。


保険見直しのススメ

食事による男女の産み分け効果は?

食事による男女の産み分けの基本的な考え方は、食事によって、男性や女性の体をアルカリ性や酸性に傾かせて、男の子や女の子を産み分けようというものです。

男の子を生み分けたいなら、男性が肉や魚を中心に食べ、女性はサラダ中心の食事をとる。反対に、女の子を生み分る場合は、男性がサラダ中心の食事をとり、女性が肉や魚を中心に食べるというものです。

このような食事方法による、産み分けの効果はどの程度あるのでしょうか?

人間の体には、体温や血圧、体液の浸透圧やPHなどを一定に保とうとする性質があり、これを恒常性(ホメオスタシス)と言いますが、これによって、人間の体は健康を保つ事が出来ます。

このため、いくらこのような食事方法をとっても、体内のPHがどちらか一方に傾くとは考えにくいです。

男性の精子は、約3ヶ月前に作られ始めたものが射精されますから、もし、この食事法に効果があると仮定すると、男性は最低3ヶ月間、こうした偏った食事をしなければなりません。

これでは、体調を壊してしまう恐れがあるだけでなく、PHのバランスが崩れてしまえば、体にとっては非常に危険な事だとも言えます。

妊娠するためには、男性・女性共に健康であることが望ましいのですから、毎日の食事は出来る限りバランスよくして、健康的な体を維持する方が、産み分けには効果があると考えられるでしょう。

しかし、食事による産み分けの効果が全く無いとも言い切れません。例えば、男の子の産み分けに挑戦する場合は、その日の夜は男性に頑張ってもらう必要があります。

このため、夕食にはニンニクなど、気分や元気を盛り上げる効果のある食材を食べれば、食事による産み分けの効果があるとも言えます。

妊活は何時から始める?

「希望の党」立ち上げが果たした役割

10月10日の公示からはや1週間、選挙も残り1週間となった。9月25日、「希望の党」を立ち上げ、「政権交代」を宣言した時は、すわ小池総理の誕生かとマスコミは一斉に囃し立て、台風の目になることが予想された。

しかし、公認の選定過程で「排除」「さらさらない」さらには「キャキャン」発言によって小池総理待望論は急速にしぼんでしまい、「政権交代選挙」から「安倍政権の信任を問う」選挙となってしまった。

しかし、これも自民党単独過半数どころか300議席を超えるかもしれないとの調査結果が発表されると、憲法改正に前向きな政党がどれくらいの議席を占めるかに関心が移ってきた。

安倍総理は「国難突破選挙」だと位置づけたが、その狙い通りの選挙となりつつある。

「緑の魔女」小池都知事に率いられる「緑の党」は、当初は、最低でも100~150くらいは確保できるだろうと予想されていたが、今では、57議席を取れるかどうか分からないと言うていらくだ。

それと対照的なのが排除された側の「立憲民主党」の大躍進の予想だ。選挙後は、民進党参議員が「希望の党」に合流するのか、それとも、再結集するのか、いずれにしても、野党再編は避けられないだろう。

こうした野党の分裂と混乱が、益々、与党側に有利に働くと言う構造になっている。

もし、「希望の党」を立ち上げずに、野党側が共産党を含んで共闘していたら、与党は過半数割れをして、政権交代の可能性はかなり高くなっていただろう。

そう考えると、「希望の党」が果たした役割は、■民進党を解体させて保守系政党に作り替えたこと、■立憲民主党という新たな政党を誕生させ、「保守」対゜革新」から「保守」対「リベラル」という新たな対立軸を作ったこと、そして、■共産党を野党統一戦線から切り離し孤立させたことの3つにあるだろう。

これによって、選挙結果がどうであれ、安全保障や憲法に関しては、神学論争から現実的な論争へと舵を切ることができ、より現実的な議論が行われる可能性が出てきたことは確実のようだ。安倍さんは小池さんに感謝すべきかもしれませんね。

育毛シャンプーの正しい使い方

小池独裁都政は、兇と出るか、吉と出るか?

首相自身の森友、加計スキャンダル、さらには、不倫、絶叫、失言議員の続出と相次ぐ不祥事で、自民党が負けると分かっていたものの、いざ蓋をあけてみると、57から23議席と半分に減ってしまった。正に惨敗だ。選挙直前の稲田大臣の失言が致命傷だったのだろう。

市民ファーストの会は6から49と大量当選したが、その大多数が、地元に根を持たない落下傘議員で、しかも、政治的な経験がなく、政治的な素質も未知数の素人集団なのだから、小池知事の言いなりだろう。

公明党の23と合わせれば72議席過半数を制するため、知事の目指す都政がやりやすくなったのは間違いない。

これは、国政の場における「安倍一強」が、都政の場では「小池一強」が実現したことに他ならない。

「安倍一強」がとのような結果をもたらしたかは、議員の不祥事の続出、そして、今回の都議選の自民党の惨敗を見れば明らかだろう。

東京オリンピックもさることながら、当面の差し迫った問題は豊洲移転と築地の再開発だ。 豊洲と築地の2カ所に市場機能を持たせるなど、そんな器用なことが本当にできるのか?

豊洲に5000億円もの大金をつぎ込み、さらに、築地を再開発するとなると、同じくらいの大金が必要になるのではないか、そのお金はどう調達するのかなど問題は山積だ。

「二兎を追うものは一兎も得ず」というが、どっちつかずの結果となって、結局は豊洲も築地も衰退し、元の木阿弥になってしまうのでないかと懸念される。

だからこそ、議会でしっかりとチェックしなければならないのだが、今回の選挙で、その機能がなくなり、同じことの繰り替えになるのではないだろうかと危惧される。

自民党憎しで、小池知事に白紙委任状を託した都民の選択が、吉と出るか兇と出るか、見ものだ。「盛者必衰、驕れるもの久しからず」だ。

それにしても、森友、加計問題で、安倍首相をあれほど非難し責任を追求し続けた民進党が15から7になり、さらに5議席と減らしたのは、民進党に対する失望感の表れであろう。

スキャダルの追求には熱心だが、肝心の国政では党内の意見すらまとめることが出来ず、票欲しさに、まったく異質の共産党と組もうなんて卑しい根性では、とても国政は任せられないということだろう。二重国籍の問題だって本人の口から納得できる明確な説明もないし。

自民党は、一から出直してもらいたい。中国、北朝鮮問題等々、日本が置かれている国際環境は益々混迷を深めている。

こうした国難の時代に、国政を任せられるのは自民党しかいないのは確かだし、総理の座が務まるのは、今のところ、安倍首相以外にないのだから、冷静に今回の敗戦を分析し、人心を一新して党勢をしっかりと立て直して欲しいものだ。

それにしても、安倍晋三という人は、本当に女性と友人には恵まれない。なんとかならいものかねぇ。余り女性に肩入れするのは止めた方が良いのでは?ろくなことがないから。

高齢者とのコミュニケーション法