読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恐れ入りました!!!大横綱「稀勢の里」殿

スポーツ

まさか、まさかの大大どんでん返し、あれだけ左肩を痛めた稀勢の里が優勝するとは、お釈迦さまでも分からなかったのではないだろうか?

13日目に日馬富士に吹き飛ばされて土俵下に転げ落ち、左肩を抑えて悶絶する姿を見て、誰しも、「ああ、これは休場だな」と覚悟した。

ところが、休場せずに強行出場し、案の定、鶴竜には成すことなく敗退し、こんなに簡単に負けるなら、横綱の名を汚すだけなので休場すべきだ、と誰しも思ったことだろう。

中には、かつて、貴乃花が右ひざを痛めながら強行出場し、武蔵丸を破って優勝したものの、それが、力士としての寿命を縮めて引退を余儀なくされた悪夢が蘇った人もいたことだろう。

この取り組みの前に、大関復帰が掛かった琴奨菊に対し、1杯を守っている照の富士が右に変化した注文相撲で、まともに勝負せず、これはもう、照の富士の優勝だな、横綱を狙おうとしている大関たるものが、こんな相撲をとってよいものかと疑問に感じた、後味の悪さも加わって、暗澹たる気持ちになっていたから、千秋楽はもう見てもしかたないなとと思ったものだ。

ところが、勝負事は最後まで分からないもので、本割で、めったに見せない変化をしながらも照の富士を寄り切って投げ飛ばした時は、「えっ」と一瞬わが目を疑った。まさか勝てるとは思わなかったからだ。

それでも、いくらなんでもこれは出来すぎだ。次の優勝決定戦では、もう体が持たないだろうと、負けを覚悟した。

ここまで来れば、照の富士も横綱としての仕事を十分行い、本人も本望だろうと、その奮闘ぶりを称えたのだが、実は、これで終わりではなかったのだ。

なんと、今度は、不利なもろ差しから、苦手と思われていた右からの小手投げで見事投げ飛ばしたのだ。これを見た瞬間、誰しもが「エッ、え~~」と息を飲んだことだろう。

99.999%、いや、100%、照の富士が優勝と誰しもが思っていたが、それが見事に裏切られたのだ。勝負事は、最後のゲタを履くまで分からないとはこのことだ。

君が代を斉唱する時、照の富士が万感胸に迫って男泣きした時は、こちらも釣られてもらい泣きしてしまった。

本人は、「目に見えない力」が後押しをしてくれたと、声援を送った観客に感謝の念を述べたが、その根本には、「横綱としての務めを果たす」という強い責任感と、「最後まであきらめない」という強い精神力があったからこそだろう。

春場所は荒れると言うが、正に、大荒れで、奇跡の大逆転を演じてくれた稀勢の里の姿勢は、人間の生きざまを学ばせてくれるものであった。最後まであきらめずに千秋楽まで観戦して本当に良かった!!!感動をありがとう!!!

ペットブリーダーの仕事と資格取得

稀勢の里の優勝と横綱昇進バンザイ

スポーツ

14日目、白鵬が貴ノ岩に敗れて、千秋楽を待たずして優勝が決まった時、稀勢の里の右目から流れた一筋の涙は、優勝の嬉しさと、入幕以来13年目にして「ようやく」と言う思いが錯綜したものだったろう。それは同時に、日本人横綱の誕生を待ち望んできた全ての日本人の涙でもあったろう。

そして、千秋楽には、白鵬の激しい寄りを土俵際で耐え抜き、すくい投げで破った瞬間、19年ぶりの日本人横綱の誕生が確実になった。

必死になって土俵際で耐え忍ぶ姿は、格下相手に取りこぼしたため、優勝に後一歩手が届かず悔し涙を流し、それでも耐え偲んで稽古を重ねて来た姿を彷彿とさせるものであった。

確か、稀勢の里の最初の親方は、「おしん横綱」といわれた隆の里だよね。やつぱり、弟子も親方に似るんだねえ・・・・・。

今場所も、9日目に、琴奨菊に一方的に押し出されて不覚をとって敗れた時は、「ああまたか」と、これまでの悪い癖が繰り返されるのを覚悟したが、それを救ったのが弟弟子の高安だった。

同じ日に、高安が白鵬を破らなければ、精神的に立ち直って白星を重ねることが出来ただろうか。優勝の最大の功労者は高安と言っても過言ではないだろう。

また、日馬富士鶴竜豪栄道と2横綱、1大関が休場して、対戦する必要がなかったことも幸運だった。この3人を打ち負かしての優勝であれば万々歳であったろうが、それは稀勢の里の及ぶところではないので、運も実力の内と考えるしかないだろう。

それにしても、上位陣の休場や怪我が多くなった。若手が力を付け、ガチンコで勝負を挑んでくるのだから、これを15日間受け止める横綱大関は大変だ。ケガの一つや二つもするのは無理もないだろう。

かつては、どう見も八百長だろうと思うような取り組みがあり、星の貸し借りが横行していた時代があったが、最近は、そんなことをすると、無気力相撲として処罰の対象になるため力士も必死だ。単なる興行から格闘技に変わったのだから。

観る方は、激しい真剣な取り組みが見られて楽しめるが、やるほうは、怪我との闘いだから大変だろう。これを2ヶ月毎、15日間繰り返していくのだから、生半可な気持ちでは相撲取りなぞ続けられないだろう。

大関を陥落した琴奨菊、負け越してカド番になった照の富士、まだ足の状態が万全ではない遠藤、休場を繰り返す日馬富士など、本来であれば、もっと活躍できたであろう力士が、怪我のためにそれができないのは残念でならない。

特に、横綱最短距離にあると思われていた照の富士が、右ひざを痛めて以来、あれほど懐の深い、粘りのある相撲が全く影を潜め、簡単に土俵を割り、土を付ける姿は、痛々しくて見ていられない。何とか治って元の姿を見せて欲しいと願うばかりである。

いずれにしも、今は、素直に、日本人横綱の誕生を歓び、今後の益々の活躍を祈りたい。

ウオーキングで便秘対策

看護師の仕事と家庭の両立

仕事

交代制の勤務、不規則な勤務時間、土日祭日の勤務など、看護師の仕事は激務な上に、プライベートな時間が思うようにとれないというハンディを背負って仕事をしております。

このため、結婚相手を見つけるのもままならず、たとえ結婚できたとしても、家事や出産、それに、育児と、次から次へと、仕事と家庭を両立させるための難題が待ち構えております。

どうしても、両立できないのであれば、一旦、仕事を辞めて、子供が成長してくれば現場に復帰するという途も残されていますが、日進月歩の医療技術の進歩のため、空白の期間が長ければ長くなるほど、ハンディは大きくなり、復帰をするにと大変な覚悟と努力が必要になります。

このため、このまま仕事を続け、なおかつ、家庭のこともしっかりとしたいと願うのであれば、なによりもまず、家族の理解と協力が必要でしょう。

また、看護師不足もあって、最近は、病院側でも、保育料の補助をしたり保育施設を併設したり、勤務時間を調整して働ける環境を整えたりと、色んな工夫を行っております。

さらには、「育児休業法」によって育児休暇が取りやすくなっておりますので、以前に比べれば、仕事と家庭の両立は容易になっております。

もし、現在の職場では両立が困難なのであれば、そのような施設や施策が整っている職場に転職するのも一つの解決法でしょう。

看護師転職は履歴書でアピールしょう!!

男女の恋愛感情の違い

恋愛

最初はどんなに激しい恋愛感情を持っていたとしても、時間が経ち、お互いを深く知るようになってくると、その恋愛感情も微妙に変化していきます。

「あばたもえくぼ」と言うように、付き合い始めたころは、全てが自分にとっては好ましく、愛の対象となっていたのに、時間たつにつれ、相手の欠点が見え始め、「あばた」は本当の「あばた」なにり、それが鼻につくようになって、恋愛感情も醒めてしまいます。

特に、男性の場合は、付き合い始めが100%とすると、それ以後は次第に下降する傾向にあります。これに対して、女性の愛情は、付き合い始めが20%程度しかなくても、それ以後は、おおむね上昇していく傾向にあるようです。

すなわち、男女間の愛情感情は、時間の経過とともに、恋愛感情がクロスしていくのです。

こうした差がでるのは、恋愛対象者として誰を一番重要視しているかという違いがあるためです。

男性は、本命の彼女がすでにいても、心の底では、もっと別の女性とも付き合いたいという願望があるため、恋愛対象者への思いが分散する傾向があります。このため、本命の彼女には90%の愛情、その他の女性には10%の愛情と分散することができるため、男の浮気はなくならないのです。

これに対して女性は、男性とは異なり、本命の彼一人に100%の愛情を注ぐ傾向が強いのです。

しかし、昨今は、男性が彼女一人にぞっこんで、女性が複数の彼氏に恋愛感情を持という逆転現象も起きているようで、女性の不倫も増えております。これも、女性上位、結婚難という時代の流れなのでしようか。

かつては、一世を風靡した「耐える女」、「一途に待つ女」をテーマとした演歌が流行らないのも無理はありませんね。

友達夫婦は離婚しやすい?

戦後の切手収集ブームの思い出

昭和35年頃から、一大切手収集ブームが巻き起こりました。昭和35年と言えば戦後10年たっており、終戦直後の食料難の時代は過ぎ去り、世の中も落ち着きを取り戻し決して裕福ではありませんが、どの家も生活に多少のゆとりが出てきた時代でした。

そうした中で、突然、切手収集ブームが始まったのです。そのきっかけは、「切手を集めれば将来高く売れる」といううわさが広がったことにあったように思います。

こうした切手収集ブームには伏線がありました。昭和25年~昭和28年の朝鮮戦争の頃は、銅の値段が高騰したため、銅の収集がブームとなり、銅を使った金具などが盗まれる事件が頻発しました。切手収集ブームは、銅集めブームが終わってしばらくして始まったのです。

やはり、銅ブームの後、何かに熱中する対象を求めていたのかもしれません。それが、切手であり、経済的に多少のゆとりが出てきたことが、それに拍車をかけたのです。

その背景には、終戦直後に発売された切手などが高値で買い取りがされるなど、古い切手の価値が高まっていたことにあります。

とりわけ、戦前に発行された切手は、発行数も少なく、しかも、未使用で残っている切手は少ないため希少価値があったのです。

また、当時、全盛であった映画は白黒でしたから、切手のように多彩のものは余り見ることはありませんでした。

このため、多数の色が使われている切手は、小さな絵画のように扱われ、切手ブックに収集した切手を入れて眺めるのも楽しみの一つでした。

子供達は、少ない小遣いを貯めて切手販売店にあしげく通い、記念切手が発売される時は、郵便局の前に並び、お金がないからシート買いなどとてもできせんから、1枚とか2枚買って、それを近所の子供達に見せびらかせて自慢したものでした。

今から考えれば、たとえ売ったとしても微々たるお金にしかならないのでしょうが、当時の子供達にとっては、自腹を切って苦労して買った切手は、何物にも代えがたい宝物だったのです。

正しい切手の保管法

バイオ燃料とは

石油、石炭、天然ガスなど、人類が200年ほども前から使って来た化石燃料は、このままのペースで使い続けると、いつかは枯渇してしまいます。

また、化石燃料は燃焼すると二酸化炭素を排出して、これが、地球の温暖化の大きな原因になっていると言われております。

これに変わって注目されているのがバイオ燃料で、再生可能な生物由来の有機性資源(バイオマス)を原料にして、発酵、搾油、熱分解などの処理を行って作られます。

バイオ燃料も燃焼すると二酸化炭素を排出しますが、原料である作物の成長する過程において二酸化炭素を吸収しているため、これが相殺されて、排出量はゼロとカウントされます。これをカーボンニュートラルといいます。

バイオ燃料の原料には、サトウキビ、トウモロコシ、油やしなどを原料とする栽培作物系と、生ゴミ、下水汚泥、家畜糞尿などを原料とする廃棄物系の2つのタイプがあり、これらは、化石燃料のように枯渇する心配がありません。

この内、栽培作物系バイオ燃料には、サトウキビ、トウモロコシ、キャッサバなどを原料に、糖を発酵して作るバイオエタノールと、油やしや菜種など果実や種子に油を含む作物から搾油・抽出した原料油を加工して作るバイオディーゼル(BDF)があり、すでに実用化されています。

特に、バイオエタノールはオクタン価が高いためガソリンと混ぜて使うのが一般的で、日本では、法律で3%まで混合できるよう定められております。

ガソリンに混ぜて使用することによって、二酸化炭素の排出量を削減し地球温暖化防止に貢献するとともに、石油の使用量を削減することによってエネルギー資源を確保でき、さらに、廃棄物の削減に繋がる、いわゆる、地球にやさしいエネルギーとして注目されています。

その一方で、食料や飼料として利用できる資源を原料とすることは、森林破壊や食料不足を招くのでないかとの懸念もあります。

改造車は買い取ってもらえるの?

天佑神助か?大和君の生還

戦艦「大和」は、沖縄への出撃中に、米軍機の攻撃を受けて九州沖の海域で撃沈されてしまったが、同じ大和でも、北海道の田野岡「大和」君は、6日間を生き延びて生還した。

7歳の男の子が、5月28日夕、親に山中に置き去りされ、クマにも遭遇することなく、食べるものもなく、夜の厳しい寒さにも耐えて、6日間も生き延びたのは奇跡としか言いようがなく、これこそ、天佑神助と言うべきなのだろうか。

28日夕以降、警察、消防、自衛隊によって大規模な捜索が行われたにもかかわらず、発見することは出来なかった。

捜査が開始された頃、すでに、大和君は約5km離れた自衛隊演習場に向かって夜道を歩いており、捜索を行っている期間中は、廠舎の中に居たのだという。

演習場に付いたのは、夜8時頃だそうだが、照明のない真っ暗闇のなか、道を外れて藪の中に迷い込むことなく、しかも、クマに遭遇することもなく演習場にたどり着いた。鍵の掛かっていない廠舎を見つけ雨露が凌げた。廠舎内にマットがあり、これを利用することによって防寒対策ができた。廠舎の前に水道があり水分補給できた。28日朝、ミーティングのために鍵を開けた自衛隊員に発見された。

これだけでも、6つの偶然が重なっており、この偶然の内、どれ一つ欠けていても、無事な生還は叶わなかったであろう。

この演習場は捜索対象から外されていたそうだが、子供だから、そんなに遠くまで行っていないだろうと、甘く見たのが裏目に出たのだろうか。

大和君本人から直接話を聞くことが出来れば、その行動の詳細が明らかなるだろうが、恐るべき子供の行動力と判断力だ。

それにしても、言うことを聞かない子供を「しつける」のは難しいものだ。昔であれば、親に頭か尻を叩かれてそれでオシマイだったが、最近は、へたに叩くと虐待になりかねないから、非暴力で子供のイタズラをやめさせるためには、見せしめとして、短時間置き去りにして、反省させるしか方法がなかったのかなあ。今回は、親が子供にしつけられてしまった。

食物酵素を手軽に活性化するには